2015/10/30

グループヒプノ体験 『時間旅行~共に生きた時代へ』

さて・・・
ワークショップでも個人セッションでの場でも、
ヒプノセラピーをやる機会はそれなりですが、

実はわたくしヒプノセラピーの手法をきちんと学んだことがありません。

始めて、ヒプノをやった(やらざるを得なかった)のは、
知人がアロマのトリートメントを受けに来たとき、
まったく想定外のことだったんですが、
トリートメント中、ふいにその方が退行してしまったんですよ。
頭の中、フリーズ。
一瞬、真っ白になりました(いつものことですが)

普通、ありえないことなんですけどね。
そんなシュチュエーションで、しかも唐突に、予兆?なしに。
まあ、リラックスして、入りやすい状態ではあったのかも知れませんが。

そーなっちゃったら、
しょーがないから、対応せざるを得ないというか、誘導するしかない。
見よう見まねもなにも、習ったこともないから、
どうすりゃいいの?オーマイガッ!!でしたけれど、
考えるよりも先に、自動的に言葉のほうがもう出ているわけです。
本人的にはよくワケが分からないんですけど、
それで会話が噛み合っている?から、まあいいや・・・(なんのこっちゃ)
オートマティックにおまかせコースで、
とりあえずそんな成り行きで、なんとかなったから、
そっちのほうがビックリしました、私的には。

その時、その人の問題がとりあえずは解決したというか、
スッキリされたそうなんで、まあ、ヘンなことにならないでよかったな、と。

でも、だからといって、それで「やろう」とは思いませんでした。

なんなんだこれは? なんだかなー??? 
でも、まあいいや。。。で。
とりあえず、その経験は忘れてしまいました。

その後、セッションに取り入れるようになるまでに、5年はかかりました。
というか、
その時はまだヒーリングの仕事すらもやってなかったわけですが。


=========================================================


その日はヒーラー養成講座・二期の修了生を対象に、
フォローアップスクーリング(チャクラリーディングと過去生ヒーリングの講義)
をしていました。二名が欠席だったので、四名でこじんまりと。

スクールは、何しろ特殊なことを教えている場でもあるので、
集まってくる人々も、不思議な縁で結ばれていたりします。

この二期のメンバーは、
全員ロシアつながり(それぞれロシアで生きていた過去生アリ)でした。
あえて、皆には話していませんでしたけど。
どうやら、同じ時代にいたらしい?というところまでで、
私のほうもあまり詳しく視ることはしていなかったし、
もしかしたら、このうちの何人かは面識がその時、あったかも、
くらいには思っていましたけれど。

その日、すべての実習が終わって、何となく・・・
「みんなで、ロシアの過去生に行ってみよう!」
という話を私から持ち出していました。

何でそんなことを言い出したのか、肝心の言いだしっぺの私ですら
よく覚えてないんですが、
その時は「皆を連れていける」という妙な確信がありました。
でも、酔った勢いでの誇大妄想とかではないです。
お茶しか飲んでないし。
マジックマッシュルームも食べてないし、
アンパンとか、大麻とかヤクとか、
怪しい幻覚剤とかもやってないです(キッパリ)


皆で輪になって、瞑想状態に入り、あとは誘導して・・・
互いに言葉を交わしながら、そのまま意識を残したままに、
私たち五人は
ロシアという国に住んでいたときの人生を遡ることにしました。


A「何が見える?」

U「えっと、、、、レンガ造りの建物? 道? いや石かな?」
T「私もレンガみたいなのが敷き詰められた道?通りが見えてる」

I「噴水がある。公園?広場? あ、私おばさんです。
 ショック! いかにも・・・って感じのロシアの太ったオバサン(涙)
 ガーン、ガーン・・・・!」

U「私、子供です。ちっちゃいです。園児って感じ。女の子。
  ほっぺが赤くて、人形みたい。金髪です。」

S「・・・・? うーん。雪と小屋しか見えない。ここ超寒い~
  おまけに臭い。うっ、自分も臭い。なんか、獣臭い。
  あ、毛皮みたいなの着てる。うっ! しかも、むさいひげ面のおっさん。
  いやだあ~! 認めたくない! 落ち込む~
  ・・・・・・・・・・・・・・・・なんかアタシ、
猟師?だったみたいです。ううっ(涙)」

T「??? 年は若くも無いけど、お兄さんて感じでもないし、
  おじさんといえばそうなのかな?
  なんか、タバコとかを移動しながら売ってる人っぽい?」

A「???(アレ?私は何処だ・・・・うむ?)」  

それぞれ自分のいるところを確認してもらうと、
五人中、三人が同じような景色を観ていたりする。

I「もしかして、同じ町?」

A「もしかして、近くにいるの? お互いを探してみて。
 というかー、その広場みたいなところに集まってみて、噴水目印に」

T「あった! 噴水」

U「ダメです。一生懸命歩いているんですけど、
 子どもなので足が短くて、うまく歩けません。まどろっこしい~」

I「Tさん・・・おじさん?茶色い服の人?」

T「そう、それ私。Iさん、もしかして、
このスカーフみたいなのかぶった・・・??」

I「はい、かぶってます。
いかにも、ロシアの太ったオバサンです。うう・・・涙」

U「この時代のIさんのこと、私知ってますね。近所のおばさんです。
 血は繋がってないけど、可愛がってもらってる。
ああ、私Iさんの足にしがみつけちゃう。小さいぞ自分」

T「皆のこと、知ってますね。というか、見かけたことがあるって感じかな?
 小さい町だから、顔は分かるっていうか。でも、親しくはない。」

A「で、Sさんは?」

S「いいなあ、私だけ違うところにいます。人探してるけど、誰もいない。
 一人暮らしみたいですね。家族もいなさそう。
山みたいなところで麓が見えます。寂しいので降りてみます。」

A「ところで自分が見つからない・・・いったい、私は何処?」
 (と、思ったら、場面が急に変わって)

A「あ、暖かい。室内です。暖炉がある。ゴージャスリッチな内装の部屋。
  あっ!私だ・・・・すみません。
  私だけ一人で優雅に茶なんて飲んでます。
  どうも、貴族?だかなんだか富裕層みたい。
  うわっ! この時代の私ってば、胸がある!
  谷間がっ谷間がっっっ!感動だっ!(TT)」

S「山、いま下りました。あ、皆が言っているような古い町並の町が見える。
  今から行きます」

A「私の家、なんかメインストリート? のところに建ってます。
  窓から手を振るんで、見つけてください。」

S「噴水、どこだ・・・どこだ・・・」

T「アルマさんちって、庭はそんなに広い感じでなくて、直接通りに面して
  ビルかマンションみたいに建ってたりします?」

A「はい。それなりに大きいけど、お城みたいな感じではないです。
  館って感じ。門もあることはあるけど。庭は狭いかな」

T「じゃあこの家かな。門番みたいな人いますよね?」

I「うわっ! まぶしい!超ゴージャスマダム!」

U「ホントだ手を振ってる~ 派手な女性ですね。
 でも、背伸びしないとみ、見れない!」

S「ようやく噴水です。皆さん、置いてかないで、待ってて!」
(後で合流できました)

・・・・・とまあ、こんな具合に。
(交わした言葉は正確でないです、
またところどころ話を省略してもいます。
何しろ時間が経過してしまったので、こんなやりとりだったということでっっ)

その後、その日欠席だった二人も、
もしかして同じ時代にいるかも知れない、と探してみたら、
一人は私の屋敷?でメイドさんをしてくれていました。
そして、もうひとりは軍人さん(士官って感じ)で、
しかも超いい男だったのです!
(皆で、彼いやさ彼女が家の中でくつろいでいるのを、窓から覗き見した)
一人で家の中でリラックスしているときにでも、キザを崩さないというか・・・


そんな感じで、
皆でロシアの過去生にタイムスリップならぬ「時間旅行」

とても面白かったです。

というか、私的にも不思議な心地、稀有な経験でした。

そうか、私たちは同じ時代、ロシアで人生を交えていたんだ、と。

私は・・・皆とは話をしたりとか関わり合いはなかったみたいです。
IさんとUさんは、血のつながりこそないものの、ご近所で見知った関係で、
Tさんは町の中で商売をしていたので、
私も含めて皆の顔は知ってる、といった程度。
Sさんは時々、山からこの町にやってきて、買い物をしたり、
自分の商品?を卸していたり・・・みたいだったよう。
なので、
SさんのことをTさんは知ってるけど、SさんはTさんを知らない様子。
当時の・・・ですけど。

あ、メイドだったMさんは私のことは当然、知ってますし、話してますね。
で、軍人だったYさんとは私は知り合いみたいでした。知ってるって程度。
Tさんにとって、Yさんはお客さんで、その他の人は知らないといった感じ。


皆の印象をもとに探ってみると、
場所はウクライナのキエフに近い町で、
日本でいうところの東海道とかの宿場町みたいに、
交易ルートの街道が通っていた町では?という結論でした。
でも、どうなんでしょ? 本当のところは分かりませんが。
パとかピとかで始まる名前の皇帝だったらしい・・・
というところまで。
ピョートル?パーヴェル? 誰よ、ってねぇ・・・わかんないや。

そこまでが限界でした。
   

なんていうか、
あの時、同じ空の下、同じ土地の上で生きていた者同士が
こんなふうに一同会するなんて、どういうことなんだろう??
人生は謎に満ちている・・・と思った次第。

いえ、そういうのは無いことではないのですが、
私たちの場合、それぞれが深い関わり合いをもった仲間とか同士とか、
運命共同体になるような、そういう団体ではないので。
しいていうなら、
この中のメンバーのある人とある人の間に、
カルマの貸し借りがあったので、
この二人のために用意されたステージだったといえるかも知れません。
(え? 私は刺身のツマ??←嘘です(笑))


まあ、過去生があると過程したうえで、
なおかつ皆で見たあの風景、体験が「真実」であるならば・・・ですが。

集団幻覚といってしまえば、それまでなんですけどネ。


とにもかくにも、あの時代の私は谷間があったのに、
何故に今は電信柱なの・・・・と嘆くしかないのでありましたっっっ汗。


この時のことがきっかけで、

「ああ、ヒプノセラピー(本人に過去生を見に行ってもらうこと)できるな、私。」

と、ワークショップや個人セッションに取り入れるようになったのでした。

0 件のコメント:

コメントを投稿