意図と趣旨

何故、「ケースファイル(スピリチュアルカルテ)」という
個人のクライントさんの個人セッションで知り得た情報・・・
セッションにいらして下さった経緯や問題の背景、
リーディングやセラピーによって、
解き明かされていった過去と現在を繋ぐ輪廻転生の物語や、
心霊科学の角度から、
心身の健康を害している原因を解説した事例を、

このように文章にして筋道立ててまとめて公開しているかというと、

それは、ひとえに

この情報を必要としている誰かが、この地球上の、
日本の何処かにいるかも知れないし、
見知らぬ誰かの役に立つことがあるかも知れないと、
そう考えているからです。

それは、私と同様、あるいは類似の職業に就いている、
未知の事例への対処に困っている人に対してかも知れないし、

現代科学や常識的な見方では説明も解決もできず、
判断のつかない状況や問題に悩まされ、
今も画面の向こうで苦しんでいる人に対してなのかも知れません。


誰にも相談できなかったり、話しても理解されなかったり、
いったいこれは何なのだろうと・・・
自分の身に起きていることが信じられず、
得体の知れない恐怖に怯え、
一人ぼっちで暗闇の中、それが何であるのかと、
光明を求めている人の、一筋の知恵となり、
自分自身を理解したり、身に起きていることを知ることの、
少しの手がかりにでもなれば・・・と。


そして、これらのことも勿論、
このブログで霊的な事例(現象についての説明など)を書いたり、
輪廻転生のドラマを書いて公開している、
大切な理由のひとつではあるのですが、

一番の意図・・・というより最たる私の望みは、

輪廻転生というドラマを通して・・・
たくさんの人々の輪廻転生の物語、魂の変遷の歴史を通して、

戦争や差別について、改めて考えたり、
それがどれほど無意味で愚かなことなのかを
考えて、見つめ直す機会を持ってもらいたいということなのです。

平和がいかに大切であるのかということも含めて。

私たち人間はずっとずっと、愛のない時代を生き、
同胞たる、家族である、
愛すべき隣人たちを害することばかり覚えて、
そうした過ちの歴史を正すことをせず、
今もなお、繰り返し続けています。

人が人を害するということが、
どれほどに愚かなことであるのか・・・
残念ながら、人は悲劇からなかなか学ぼうとしていません。


すべての悲劇はエゴイズムから生まれます。

自分と他人は違う、という考えから、
よこしまな特別意識だとか自分さえよければという利己主義、
個人と他者、あるいは個人と全体を切り離した、
自分とそこに属するものだけが世界の中心であるという、
誤った考え方が生まれるのです。

そうした自己と他者を区分する、
人種や身分や性別、宗教による、あらゆる排他的な差別は
人の心に巣食う、悪の根源となって、地球を蝕んでいます。

輪廻転生の歴史において、
人に身分はなく、人種もジェンダーもないのです。

ある人生で白人だった人が次の人生で黒人に生まれたり、
キリスト教徒だった人がイスラム教徒に生まれ、
ときにヒンズー教徒になり、仏教徒に生まれることもあるのです。

女性であったり、男性であったり、
肉体に左右されない"こころ"をもって生まれる人もいます。

たまたま、その時に生まれた場所や民族、
性別や生まれた家、言語や文化、宗教に左右されるだけです。

輪廻転生の輪の中では、
国や民族、宗教でいがみ合うことは無意味です。


私には科学的に輪廻転生を実証する手立てはないし、
それを信じない人に信じさせるだけの説得力も持っていません。

けれども、せめて・・・
懐疑的な人に信じてもらうことは出来なくても、
もしかしたら、「本当かも知れない」
「生まれ変わりはあるのかも知れない」
と、霊的世界にせよ、
それを少しでも、信じ、認めて、興味を持ってくれる人がいるのなら、

ここに書かれた人々の人生の片鱗たる、輪廻転生の物語から、
何か感じ取ったり、考える材料を見出して欲しいのです。

人の「死」など、本当はないのだと・・・

憎みあったり、何かを奪い合うことは空しいことなのだと・・・

かつて銃口を向けあった人と再び出会って、家族になることもあるし、
愛を語り合って、家族として生きた人が対立する民族に生まれることもある。

そのことの意味、是非を考えて欲しいのです。


憎しみは憎しみしか生まず、
ひとつの人生で負った傷は、次の次の、その後の人生にも
引き継がれて、根深い傷を残すことになります。

たくさんの人たちが今の人生の出来事からでなく、
過去の人生の傷を引きずり、今もその影響下で苦しんでいます。

そして自分のしたことはいつか、自分に戻ってきます。
他人にしたことは、自分にしていることなのです。



私は戦争を心から憎んでいます。
そこにどんな大義があろうと、
血で血を洗うような、争いの歴史はもうイヤです。

宗教の対立もイヤです。

多くの女性たちが差別され、
搾取され、乱暴され、人間扱いされない歴史はイヤです。

レイプをする人を憎みますし、
人種差別も冗談じゃありません。

身分が違うだのなんだので、
引き裂かれる恋人たちがいるのも、イヤです。

人を踏みにじって、弱い立場の人たちから搾取して、
自分勝手で自らの欲望や利益しか追及しない、
利己的な暴君や政治家たちも大嫌いです。

自分の思い通りにしたいとか、ならないとかで、
簡単に人をゴミのように殺す人も大嫌いです。

人が人を、人として扱わない、
奢りぶった、傲慢な風習や伝統を憎みます。


この地球上にはたくさんの悲しみの歴史があります。

たくさんのたくさんの人たちが、辛い人生を生きてきました。
苦しい苦しい思いをして、生きてきました。

明日の希望を夢見て。

何とか変えようと頑張ってきた人もいます。

でも、何百年経っても、何千年経っても、
変わらないこともまだまだたくさんたくさん、あったりします。

この地球上の何処かで、まだ泣いている人がいます。

終わらない悲しみが、悲劇がたくさんあります。

どうすれば、変えられるんでしょう?

どうすれば、人は学んでくれるんでしょうか?

どうすれば、悲劇は終わるのでしょう。

どうすれば、すべての悲しみの涙は乾き、
地球上に住む、すべての人が笑顔になれるんでしょうか。

戦争や差別や貧困は、いつになれば、終わるんでしょう。

どうすれば、すべての人の心から、
他人を害しようとする、悪の心は無くなるんでしょう。

この悲しみの歴史がいつか終わる日は来るんでしょうか?


何度も何度も、この地上に生まれ、人生を重ね、
他者の人生を見ては、絶望するばかりです。


そして、私に出来ることは・・・
輪廻転生のドラマを人々に語ること。

そこにある一人ひとりの涙を、悲しみや苦しみを知ってもらうこと、
ひとつの人生の悲劇が次の人生に与える悲劇を知ってもらうこと。

人生は続いていくということ。

撒いた種は刈らねばならず、
自分のしたことは必ず、戻ってくるということ。

学ばないことには、過ちは繰り返されるということ。

すべての人が無関係ではなく、お互いに関係しあって、
歴史の糸をつむぎ、時を刻んでいるのだということ。

自分の行動や決断によって、影響を受けている誰かがいるということ。

一人が気づき、変わっていくことで・・・
過去を手放し、癒されることで、
バタフライエフェクトのように、世界に波紋を広げていく、
きっかけを作れるかも知れないということ。


などなど・・・


そういうことを少しでも、伝えることが出来たら、と・・・・

拙い文章で、一人ひとりの物語をここに記し、公開しているのです。







さて、
過去生を肯定し、知ることは、
自分の性格的な問題や人生の不遇を、
過去生のせいにするためではありません。
上手くいかないことのイイワケを
霊的事象や過去生になすりつけようとする人や、
メルヘンな誇大妄想に浸りたい人のために・・・
そんな風にスピリチュアルを利用しようとする人のために、
私はこのブログを開示していたり、
個人セッションなどのセラピーを行ったり、
スクールで教えているのではないということだけは、断っておきます。

0 件のコメント:

コメントを投稿